上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして、
今月、4月21日に挙式をひかえたマキです。

身長の小柄な私が、式場よりもドレスのことが気になって
ブログで見た「スプランディット・ブランシュ」を訪れたのは、
昨年の10月でした。

身長が小柄で結婚式場のドレスは何か違和感があったこと。
彼が秋田にいて遠距離であること。
彼の御両親が震災で被災し、私の親族も被災したが
家族で何かセレモニーをしたい。

私達の思いをお話しするうちに、
店主のyanagiyaさんは細やかな心遣いで親身になってくれて、
ここにお世話になろうと決めたのでした。

その日のうちに、式場とドレスを決めるという強行スケジュール。
着たかった「クロカンブッシュ」のドレスと
オリジナルドレスで迷い、オリジナルドレスに決めました。

その後、仕事で帰宅が深夜になる日々が数ヶ月続き、
再び店を訪ねて仮合わせ、本格的な準備は3月半ばに・・・。
その間の状況をお話しつつ、
挙式準備モードに切り替えていくことになりました。


この写真は、3月下旬、和装の撮影時のものです。
白無垢ってやっぱりいいですよね。
P1000825_20120401114807.jpg
本格的なヘアメイクが初体験の私はウキウキ。
着物も心地よく着る事ができました。

P1000828_20120401114822.jpg
森谷さん、かおる先生ありがとうございます。
当日も宜しくお願いします。

彼は、和装は初体験!緊張気味デス
P1000831_20120401114841.jpg

カメラの小野寺さんは、私達の緊張を和ませてくれました。
ちょっと照れくさいです・・・
P1000835_20120401114900.jpg
素敵な写真を沢山ありがとうございました


さて、こちらはコサージュを作っています。
となりは、ドレスの先生である青木先生。
作った作品の仕上げ中です。
P1000847_20120401114908.jpg

挙式の当日に、家族みんなでコサージュを
着けて一体感を出したいとyanagiyaさんに伝えたところ、
偶然、yanagiyaさん手作りのコサージュを拝見。

その作品のリアルな質感に感動して、
彼のお母様、私の母にプレゼントすることに。

本来は、生地からつくるのですが、
時間がないため、先生にある程度をお願いし、
コテあて、組み立てをすることに。

先生と、楽しくおしゃべりしながら作りました。
ものづくりは、気分転換になって楽しいです。
しだいに、新生活への不安なんかも軽くなっていきました。

さて、彼のお母様へのコサージュが出来ました。
手作りできるんですね。
染めの具合が絶妙で感動です。
青木先生ありがとうございました。
P1000848_20120401114918.jpg
このコサージュ作りをきっかけに、
「花嫁学校」がスタートしました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks

    - ( 20:57 )

    管理人の承認後に表示されます



    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。