日本古来の艶やかな白無垢 
更に花嫁さんの「美しい地毛黒髪」を生かし!!
和髪⑥
「文金高島田」を結い上げました^^

「島田髷」のなかで一番「まげ」の位置が高く
華やかな髪型だとも言われています。

現代では地毛で結う人は少なく、ほとんどの花嫁がかつら 
又は洋髪で綿帽子が多いのですが
和髪④

この髪型は「島田髷(しまだまげ)」と言って
江戸時代に流行した未婚女性の髪型です。

島田髷にもいろいろ種類があり
なかでも花嫁の伝統的な髪型とされているのが
「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」


「日本髪」の一つである文金高島田は、
乱れのない美しい毛流れに丸いシルエットが特徴

また、「島田髷」のなかで一番「まげ」の位置が高く、華やかな髪型だとも言われています。
和髪⑥


文金高島田は、次の五つの部位に分けられま

「前髪」…頭の前側の髪
「まげ」…頭のてっぺんでまとめて折り曲げた髪
「いち」…まげを折り曲げた後ろの髪
「たぼ」…うなじの上のまとめ髪
「びん」…丸くふくらませた両サイドの髪

「日本髪」の一つである文金高島田は、乱れのない美しい毛流れに丸いシルエットが特徴。

まさに日本人女性の美しさを引き出してくれる髪型です。

また、「島田髷」のなかで一番「まげ」の位置が高く、華やかな髪型だとも言われています。

白無垢①
花嫁さんのご自宅宮城県七ツ森の山田園に囲まれたのどかな空間
3世代のおばあ様お母様に見とどけながらお支度させて頂きました。
白無垢③
これから宮城県富谷市生まれも育ちも「富谷市」の損郎新婦
富谷市を代表する歴史建物や町並み

素晴らしいロケーション
鼈甲

続きは次のページです。




コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最近の記事